my memories from 2006

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶道教室

中国、韓国、インドネシア、タイ、ベトナム、マレーシア、アメリカ、そして日本。
こういった国々を見て、僕がどんなことを言おうとしているか予想できるだろうか。
アジアの国々だろうか、親日国だろうか、南北東西問題だろうか、と思考が巡るかもしれない。

実は今僕が茶道を学んでいるクラスにいる学生の国籍である。
合計25人で日本の文化であるTea ceremonyの作法を学んでいるのだ。

I don't know if you know, actually I'm a student of international school in Japan.
In this semester I take a class related one of Japanese traditional culture. The class title is Tea ceremony.
There are many international students from all over the world but most of them without USA are from Asia

It's sometimes difficult to memorize how to drink tea, how to bow and how to eat a cake.
There are ton of strict manners but once you can complete all correctly, your motion will become polite and beautiful.
I have already gotten four skills: the way of drinking tea, eating cake, walking in tea room and how to serve.
So I'm on the way how to make tea and how to prepare some goods for making it.

要するにお茶飲んで、お菓子食べるだけのクラスだ。

国際学生と一緒に茶道のスキルを勉強していくので、各国の人柄が動作にでて非常に面白い。
タイ人の女子は明るくおしゃべりな性格だから、静かにしなければいけない茶室で鼻歌交じりに茶せんを使うし
ベトナムの男子は、プライドが高いから作法を間違えたところは見たことない。
最も丁寧に作法をこなすのはマレーシアの男子で、マイペースであせらない性格が茶道に合っているのだろう。

クラスは日本の文化を取り扱っているが英語で開講されているクラス。
なんだかちぐはぐな感じがするのだが、皆良い人だから気にすることは滅多にない。
白い靴下を忘れると減点されるので、そろそろ洗濯しにいくので今日はこのへんで。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。