FC2ブログ

my memories from 2006

昔の記事が恥ずかしい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の笑顔に触れて。

 今日は「旅行業界を目指す人に」というガイダンスがありました。JTBの方を講師に色々なお話を伺いました。その時に一番印象に残っているのが、笑顔と雰囲気です。ガイダンス内容にコミュニケーションを取ることが苦手な方、対人関係に苦痛を覚える方は絶対に向いていない、というものがあったので胸をズキズキさせながら、講師の方のお話を聞いていると、なるほどなと納得しました。講師の方は常に笑顔、お話の内容も喜怒哀楽を交えながら筋の通った展開で素晴らしかったのです。なるほどこれが現場で経験を積んできた生のコミュニケーション能力なのかと思いました。これなら老若男女問わずどんなお客様にも好印象だ・・・と。タレントやラジオパーソナリティーのように話上手で、生徒に大人気有名進学予備校の講師のような話の展開だったのです。

 僕には他人に好印象を与えるようなコミュニケーションに長けていません。最近はごくごく微量にいい方向に変わってきましたが、それでも旅行業界の門をたたくには十分なユーモアや話のセンスはありません。おそらくこれは技術的な面なのでしょうが、誰が教えてくれるものでもありません。そこで、僕はまず自分から笑顔になることを決めました。今回JTBの人のことを僕がすごいと思った最初の要因が、彼の笑顔だったからです。こちらが笑顔で接すると向こう側も笑顔で接してくれる。これは間違いないと思います。この間所属しているサークルの代表に、珍しく最高のテンションで「おう!べんけい!」と言われすれ違いざまにハイタッチ。僕もすかさず代表の名前を元気に呼んでハイタッチに応じました。この経験から言えることは、話しかける相手が笑顔だと、話される側も笑顔になるということです。この法則を守りさえすれば、まずは入門編の第一ステップを踏んだことになるのではないでしょうか。・・・先は長い(笑)

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。