FC2ブログ

my memories from 2006

昔の記事が恥ずかしい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生クイズを見て

高校生クイズの全国大会の放送をTVで視聴した。普通の学生では知っているはずのない問題を軽々と答えている様子は圧巻された。彼らが出題された問題を解けるようになるまでの段階にどれだけの努力をして知識を詰め込んだかは別として、私には彼らが簡単に問題を解いているように思えた。数人の高校生になぜ解けたのかという理由をインタビューしていたが、どの回答にも共通するのが、~が好きだからや~のときに本で読んだ。など、所謂学校の勉強で得た知識ではないことが挙げられる。父親に薦められた本、天皇が好きだから全部覚えたという、興味本位の延長線上に彼らの知識習得はあったのである。それに、クイズには答える速さも要求される。頭の回転が要求される中、灘高校はどの高校よりも回答スピードがはやかった。

彼らから得るべき教訓は、日頃から得た知識を記憶に定着するということと、それを実現させるための高い集中力の維持を行うことである。また、物事に対する強い興味を持つことも大事だ。以上の3点を貫徹していくことによって、人は高く高く上ることが出来るのだと思う。彼らの切れ味のある様子を見ることで触発されただろうか?私はスポーツ選手や音楽家や学校の教授や親や友人やアニメや旅行のどのジャンルよりも、彼らをみて強く関心を抱くと共に自分もああでありたと思えた。私も彼らと同じタイプの人間なのかもしれない。では、なぜ私が今彼らのようではないのか。それは・・・。自分ではわかっている。ここにおける克服をしない限り私はいつまでたっても今のままだろう。という戯言が今日の日記である。

@日頃から得た知識を記憶に定着すること
@それを実現させるための高い集中力の維持に努めること
@物事に対する興味を強くもつこと。

とりあえず以上の3点を絶対遵守する点から始めてみるのはいかがだろうか??
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。