FC2ブログ

my memories from 2006

昔の記事が恥ずかしい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パプリカ 感想

パプリカ [Blu-ray]パプリカ [Blu-ray]
(2007/05/23)
林原めぐみ、古谷徹 他

商品詳細を見る


筒井康隆氏原作、今敏氏監督作品『パプリカ』を観た。
他人の夢の中を縦横無尽に駆け抜けることが出来る機械・・・の試運転の段階で、様々な事件が起きる作品。
これも先日私がGEOで借りてきた作品である。06年当時のCMからずっと気になっていた作品の一つである。

人の夢を映像としてどう表現しているのかを疑問に思いながら再生ボタンを押した。
すると、人の夢の急な場面展開や夢の中の奇天烈な人や物、雰囲気が見事に描かれていた。
ヒロインのパプリカがポスターの中に入り、ポスターに描かれていた馬に乗ってポスターから出てくるという発想には脱帽した。普段夢では当たり前の現象だが、まさかこういったところまで表現されてくるとは予想していなかった。他にも地面から、人体から、空から人の頭が飛び出してくる表現や、夢の世界が蝶の破片となって、新しい夢の世界が生まれるといった夢独特の表現が美しく再現されていた。

シナリオとしては、今が現実の世界であるのか、それとも夢の世界であるのかの認識は視聴者に任せられていた。
その為に今一つ腑に落ちないシーンが数か所あった。一つ目に粉川が車内で心臓発作のようなものを起こし、そのまま夢の世界に落ちてしまったが、あれは肉体ごと夢の世界に落ちたのか、それとも意識だけ夢の世界に落ちたのかということだ。2つ目は、夢の世界と現実の世界が交わる原因の理由付がまったくされていなかったということだ。粉川に関しては、夢と現実が交わる予兆として、肉体ごと夢の世界に連れていかれた、というのが妥当だろう。しかし、夢と現実が交わるきっかけがまったく理解できなかった。奪われた残り2個のDCミニの行方もわからないままだし、シナリオを1つにするという面においては、もうすこし表現してほしかった。

人の夢を表現する、その難題にチャレンジし、見事映像化しきったこの作品は、一見の価値があると思う。
少しファンタジーな表現があり、それを理由にシナリオを強引に繋げるという箇所が数か所だけあるが、
映像美と大まかな話の流れを理解すれば十分に納得できる誤差である。楽しめるはずだ。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。