FC2ブログ

my memories from 2006

昔の記事が恥ずかしい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼミ合宿

今回ゼミの合宿で日本最大渓の一つである耶馬渓でフィールドワークを2日間に渡って行った。初日は永岩城跡を見るために山登りをする予定であったが、生憎の雨。大雨によって山中にある川のがあふれ返り、渡ることができなかった。10分程度上ったニノ井戸近辺までしか行くことができなかった・・・。

午後は耶馬渓の津民地域にお住まいの地元住民に対する質疑応答。私は地元住民が持つ耶馬渓のイメージ、そして津民のイメージ、第三者に知ってほしい耶馬渓の情報は何かと伺った。

その方は若者がいない、資源もない、方法が思いつかない、と耶馬渓の現状に対する嘆きを主軸に、ここは自然が自慢、人情も自慢と返答をされた。この町に子供は少なく、近隣の小学校の児童はわずか5人。休日にもかかわらず人一人見かけず、遊んでいる子供たちの姿さえみることがなかった。若者がいないというのは本当らしい。資源がないというのは嘘になる。耶馬渓は確かに自然が豊富である。しかも普通の自然ではなく、他の田舎地域とは異なる自然の在り方であった。人情が自慢というのもうなずける。実際に質疑応答に応じてくれた方をはじめに、ほかにも6,7名の方にも質疑応答をさせていただく機会があった。その方々はとても暖かった。なるほどうなずける。

この中から我々ゼミ生が取り組むべき及第点は、自然を生かした耶馬渓町おこしだと考える。
人口の多い少ないは時間をかけて取り組むべき課題であるし、人情に関してはプライベートを侵害する恐れもある。
その上で、私が所属している班の方針は現状にあるウォーキングツアーの改善点やPR方法の改善である。
現状実行されているものであれば、ある程度の課題はクリアできた手法であり、
ウォーキングは全国で実行されている町おこしの一環の手法である。
その他の地域のウォーキングをベンチマークとして参考にしつつ、
耶馬渓で実施されているウォーキングの長所短所を分析し、さらにいいものにしていこうと考える。
新しいアイデアは他の班に任せよう!!!!!キリッ!!!!
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【ゼミ合宿】
  • 今回ゼミの合宿で日本最大渓の一つである耶馬渓でフィールドワークを2日間に渡って行った。初日は永岩城跡を見るために山登りをする予定であったが、生憎の雨。大雨によって山中に...
  • 2012.06.20 (Wed) 10:35 | まとめwoネタ速neo

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。