FC2ブログ

my memories from 2006

昔の記事が恥ずかしい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むずかしい・・・

 最近になってようやくサークルのメンバーとのコミュニケーションに慣れてきたと思う。入りたての時よりもはるかに会話数が増えた。周囲の皆も慣れてきている様子だ。とはいえ、人一倍会話が苦手な私にとって、これは大変嬉しいニュースなのだ。同期のテンションになじめず、後輩の勢いに気圧され、会話の発信がなかなか上手くいかない為に怖い、怒っているなどの印象を持たれる。しまいには勝手に相手が「何か悪いことした?」と聞いてくる程なのだ。その状態から時がたち、怖い、怒っているという印象は改善することができたように思える。明らかに話している時の相手の様子が異なるからだ。相変わらず会話は受信しかできないものの、内心本当にうれしく思っている。

 一番の原因として、私の周囲が底なしのフランクな正確な持ち主ばかりだったことが挙げられる。絶えず笑顔を忘れず、見境なく人に接する彼らが私を変えてくれた。

 そういえばこの学校に来てから、仲間外れになってしまった人をみたことがない。高校まではクラスで一人は誰とも会話せず、常に孤独な人がいただろう。しかし、この学校にはいない。もしかしたら私なのかもしれないが・・・。今でもグループワークのメンバー決めの際、友達が別の友人と一緒にいると声をかけられないのだから・・・。

 なにはともあれ、周囲の温かさに感謝である。次第に会話のキャッチボールが上手くなればいいのだが、なかなか上手くいかない。これも時間が必要なのだろうか。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。