FC2ブログ

my memories from 2006

昔の記事が恥ずかしい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際協力と黒姫

 日本語開講の授業で友達である国際学生と受講する機会がある。今季は心理学の授業でエストニア出身の友達と共に受講している。彼は日本語上級の授業を取得していて、漢字の読み書きができるが、心理学の専門用語となると流石に私に読み方を聞いてくる。そして、意味を自らの辞書を使って調べている。例えば「小児性愛論」「誤謬」「外観」「森羅万象」。たまに私でも悩む読みがあるので焦る(笑)。ちなみに、彼と私の出会いは大分を拠点に活動するサークルだった。
 
 心理学の授業は2時間連続であり、後半に課題を出され、授業中に解答を提出するというスタイル。心理学の文献を読み解くことは国際学生にとって至難の業らしく(そりゃそうか)、私がさっさと課題を終わらせて彼を手伝っている。「これが国際協力」と彼に言われたときに、APUにいるのだと改めて実感した。これからも彼と受講していきたい。 
 
 話はまったく変わるのだが、最近TSUTAYAのコミックレンタルを活用している。毎週20冊のコミックを借りるので1カ月に80冊読むことになる。通常の読書は授業のテキストだけ対してこちらは膨大だがすぐに読める。なにより、アニメ関係が私にとっては、多くの作品に触れることは喜ばしい。今まで読んだのは「NARUTO」「さんかれあ」「零」「BLEACH」「進撃の巨人」「IS」「未来日記」など。記憶にないが他10作品は読んだ。
 
 久しぶりに面白いと思った作品が、今借りている「魔法使い黒姫」だ。ビジュアルは当然のことながら、コマ割りやキャラクターの見せ方が非常に魅力的で気に入っている作品。以前から気になってはいたが、すぐに忘れてしまい読み損ねていた作品だ。ロザリオとヴァンパイヤの2期もお勧めである。この作品もヴィジュアルが非常に美しく、シナリオも1期と異なりシリアスになっている。お勧めだ。朝と昼に課題をこなし、夜にアニメやコミックでストレス解消する日々。満足です。

img_842016_12683588_0.jpgkkk.jpg


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。